仮想通貨のステーキングとは?仕組みや対象通貨、利率・税金について徹底解説

staking-reward

「仮想通貨(暗号資産)のステーキングの仕組みや報酬について知りたい!」

「ステーキングができる仮想通貨や取引所ってどこかな?」

このような思いのある方に向けて、記事を書いています。

イーサリアムがシステム変更して、新たに生み出された「イーサリアム2.0」。

そのイーサリアム2.0が採用した仕組みとして、ステーキングが注目を集めています。

イーサリアム2.0をきっかけに、ステーキングに興味を持った方も多いのではないでしょうか?

本記事ではステーキングの概要やその仕組み、対象となる仮想通貨を紹介します。

またステーキングの利率や税金についても、合わせて見ていきましょう!

目次

仮想通貨のステーキングとは

staking

仮想通貨のステーキングとは、仮想通貨を保有することでブロックチェーンのネットワーク維持に貢献し報酬を得る仕組みのことです。

仮想通貨のステーキングは、株式投資に似ています。

株式投資では、企業の株式を購入して資金提供することで、企業が事業を拡大できますよねその見返りとして株式保有者(株主)に配当金などの報酬が支払われますよね。

仮想通貨を株式投資に例えるなら、仮想通貨という「株式」を保有することで、その仮想通貨を発行するブロックチェーンという「企業」へ貢献しているのです。

ただ、すべての仮想通貨がステーキングできるわけではありません。

ステーキングをするには、「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」または「DPoS(プルーフ・オブ・ステーク)」という仕組みをもつ仮想通貨を保有する必要があります。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは

「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」は英語の「Proof of Stake」の略で、仮想通貨のコンセンサスアルゴリズム(合意形成アルゴリズム)のひとつです。

PoSとは、仮想通貨の保有割合(Stake)に応じて仮想通貨取引の検証・承認を行って新しいブロック(ブロックチェーンにおける取引情報のひと塊)をつくって報酬を得る仕組みのことを言います。

多くの仮想通貨を保有している人が、新しいブロックをつくることができ、多くの報酬を得られるのです。

PoSが開発された背景

もともとPoSは、「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」に代替するシステムのとして開発されました。

PoWとは、仮想通貨の取引情報をいち早く検証・承認しブロックを人が、報酬として仮想通貨を受け取る仕組みのことです。

その報酬が新たに発行された通貨となり、通貨量が増えていきます。

また仮想通貨の取引情報を検証・承認することをマイニング、それをする人のことをマイナーと呼びます。

しかしPoWには問題点があり、マイニングをするのに大きな電力を消費することです。

また検証・承認する情報が増えるほど、マイニングが複雑になるため、マイニングを専門に扱って多くの電力を使える大規模な組織しかマイニングができなくなりませした。

電力とマイニング組織の偏りという問題を解決しようと開発されたのが、PoSなのです。

PoSであれば、マイナーは保有量に応じて決められ、競うように電力を消費する必要がありません。

DPoS(デリゲーティド・プルーフ・オブ・ステーク)とは

DPoS(デリゲーティド・プルーフ・オブ・ステーク)は、「Delegated Proof of Stake」の略で、PoSを進化させた仕組みと言えるでしょう。

DPoSとは、仮想通貨の保有量に応じて投票権が割り当てられ、投票によって取引情報の検証・承認者を選ぶ仕組みのことです。

選ばれた検証・承認者は新たにブロックを生成して、得られた報酬は投票者に分配されます。

PoSでは、ブロックをつくる人が仮想通貨の保有量に依存していました。

しかしDPoSでは、保有量に応じてあくまでも投票権を渡すことで、公平にブロックをつくって報酬を得る人を選択できるのが魅力です。

仮想通貨のステーキングの報酬が出る仕組み

仮想通貨のステーキングは、ここまで紹介しDPoSとDPoSの仕組みを採用している仮想通貨でしかできません。

というのも、他の仮想通貨には通貨の保有量に応じてブロックをつくる人を決めて報酬を与えるという仕組みがないからです。

ステーキングでは、仮想通貨を自由に取引などができないロック状態にして、ブロックチェーンのネットワーク維持に貢献することで報酬をもらえます。

ステーキングしている通貨は、売買したい人にあげたりできません。

もともと仮想通貨には、次のようなものしか収益手段がありませんでした。

  • マイニング(一部のマイナーに限られる)
  • 価格変動に基づく売買(キャピタルゲイン)
  • 通貨間の金利に基づく裁定取引(キャピタルゲイン)

しかしステーキングによって、仮想通貨を保有していれば報酬をもらえる、いわばインカムゲインのような収益方法が新たに生まれたのです。

仮想通貨のステーキングの関連ワード

staking-words

ステーキングに関するワードは、PoSやDPoSの他にもあります。

なかでも特に言及される機会のある、次の2つの言葉を紹介します。

  1. ステーキングプール
  2. コールドステーキング

ワード①:ステーキングプールとは

ステーキングプールとは、仮想通貨の取引情報の検証・承認をしてブロックをつくる機会を増やすために、仮想通貨の保有者同士が仮想通貨を集めたもののことです。

仮想通貨の保有者たちは、ステーキングプールへの貢献具合に応じて報酬を分配します。

またステーキングプールの設定・維持は簡単ではないため、つくるにあたって多くの手数料をとる者もいます。

ワード②:コールドステーキングとは

コールドステーキングとは、オフラインで仮想通貨をステーキングすることを言います。

具体的には、ハードウェアウォレットに仮想通貨のデータを移し出し、外部のネットワークから隔離されたなかでステーキングを行います。

オフラインであるため、不正アクセスされるリスクがありません。

ステーキングの対象となる仮想通貨

staking-target

ステーキングできるのは、PoSとDPoSの仕組みを持っている仮想通貨のみです。

ステーキングできる仮想通貨のなかで代表的なのは、例えば次のようなものです。

  • Ethereum2.0
  • Tezos
  • Cosmos
  • Synthetix Network Token
  • Cardano
  • Polkadot
  • Kusama
  • Celo
  • Avalanche
  • Kyber Network

ステーキングできる仮想通貨は後述するBINANCE(バイナンス)やBITFINEX(ビットフィネックス)などの取引所で確認できます。

さらに「Staking Rewards」という海外のステーキングができる仮想通貨情報をまとめたサイトがとても便利なので確認してみてください。

仮想通貨のステーキングの利率

staking-interestrate

ステーキングの利率は、保有している仮想通貨によって異なります。

ここでは先ほど紹介した仮想通貨の年利を「Staking Rewards」を参考に、記載します。

参考に、ぜひご覧ください。

  • Ethereum2.0:13.65%
  • Tezos:5.48%
  • Cosmos:8.77%
  • Synthetix Network Token:43.51%
  • Cardano:4.07%
  • Polkadot:13.32%
  • Kusama:14.07%
  • Celo:10.20%
  • Avalanche:12.01%
  • Kyber Network:9.60%

ステーキングサービスを行っている仮想通貨取引所

staking-exchange

ステーキングができる仮想通貨がわかったところで、次にその仮想通貨をどの取引所で購入できるかを確認していきましょう。

ステーキングは、日本国内よりも海外で先行しているため、海外の取引所の紹介が多いですが、日本でも取り扱っているところがあるので紹介します。

紹介するのは、次の4つの取引所です。

  1. BINANCE
  2. BITFINEX
  3. Huobi Pool
  4. Coincheck

取引所①:Binance

Binanceは、世界最大級の仮想通貨取引所で、多くの種類のコインを取り扱っています。Binance

Binanceでは、ステーキングプールのように仮想通貨を管理することで手数料なしでステーキングサービスを受けられるのが特徴です。

取り扱っているステーキングができる、仮想通貨は次のものになります。

  • Tezos
  • Cosmos
  • TRON
  • NEO
  • Algorand
  • Vechain
  • Ontology

2020年から日本の取引所であるTaoTaoと提携し、日本への参入を本格化させています。

取引所②:Bitfinex

Bitfinexでは、PoSに対応する仮想通貨を保有していると、年利10%の金利報酬が受け取れます。

Bitfinexで取り扱っている、通貨はTezos、Cosmos、V.Systemsなどです。

取引所③:Huobi Pool

Huobi Poolは、中国の仮想通貨取引所でマイニング事業に注力していました。

しかし近年になってステーキング事業にも参入して、次のようなステーキングに対応する仮想通貨を取り扱っています。

  • EOS
  • TRON
  • Ontology

取引所④:Coincheck

Coincheckは、日本の仮想通貨取引所ではじめてステーキングサービスを展開しました。

ステーキングに対応しているLisk(LSK:Liskの単位)というDPoSの仕組みを採用した仮想通貨を取り扱っています。

Coincheckのステーキングサービスを利用するには、アカウントに1日平均10LSKを保有する必要はあります。

本記事の執筆時点(2020年12月)で、1LSK=132円ほどなので、1300円分のLiskを購入すれば問題なくステーキングサービスを利用できますよ。

仮想通貨のステーキングのリスク

staking-lisk

ステーキングは、仮想通貨の収益手段として新しく誕生した仕組みです。

まだ仕組み自体が成長中であるため、次のようなリスクもあります。

  • 仮想通貨の価格変動が大きい
  • ステーキングの設定が難しい

リスク①:仮想通貨の価格変動が大きい

仮想通貨は、日々の価格変動が大きいのが特徴です。

ステーキングで多くの通貨を保有していても、価格が下落して値上がりしなければ損をしたままですよね。

ステーキングの報酬目当てで通貨を購入するときは、価格変動リスクを忘れてしまいがちなので、注意してください。

リスク②:ステーキングの設定が難しい

ステーキングに対応している仮想通貨を取引所で購入した場合は、その取引所がステーキングの設定をしてくれているので、簡単にステーキングできます。

ところが自分でステーキングをするとなると、非常に高度なプログラミングスキルが求められます。

またその解説をしているのが今のところ、英語の文献しかありません。

ステーキングを自分で設定すのは、至難の技です。

仮想通貨のステーキングで得た報酬の税金

staking-tax

日本では、仮想通貨から得られた利益はすべて、雑所得として課税されます。

ステーキングで得られた利益も仮想通貨から得られた利益なので雑所得です。

雑所得には控除がなく他の所得と合計され、その金額に所得税・住民税の税率がかけられます。

サラリーマンの方であれば、給与所得以外に20万円以上の所得を得ると確定申告をしなければなりません。

そのためステーキングで年間の利益が20万円以上になったら、確定申告をしましょう。

仮想通貨のステーキングは最新の投資方法!

staking-new

仮想通貨のステーキングは、仮想通貨を保有していることで得られるインカムゲインと言える報酬を得る仕組みです。

イサーリアム2.0で仕組みが取り入れられたことで注目され、今なPoWに変わる新たな通貨獲得方法として普及し始めているところです。

今後、ますますステーキングは普及していくでしょう。

staking-reward

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる