株主優待おすすめランキング10選【2021年版】

shareholder-benefits

2020年はコロナショックにより日経平均株価が大幅に下落しましたが、その後日経平均はショック前の高値を更新する勢いで上昇しました。

株式投資は盛り上がりを見せていますが、毎日売買を繰り返してトレードを行うのが難しかったり、チャートを分析して株価を予測することが難しいと感じている人も少なくないでしょう。

そんな株式投資初心者の方でも、株式を保有しているだけでクーポンや商品券、食材などを貰うことができる株主優待ならお得に利益を狙って行けます。

そこで今回は、2021年におすすめする株主優待10選をランキング形式で紹介していきます。

早速10位から紹介をしていくので参考にしてみてください。

目次

10位:RIZAPグループ(2928)

完全個室のプライベートジムを提供するRIZAP(ライザップ)では、RIZAPグループのカタログに掲載されたグループ商品と交換することができる株主優待ポイントが株主優待となります。

株主優待

  • 権利確定月:3月末日(年1回)
  • 100株:2000ポイント
    200株:4000ポイント
    400株:6000ポイント
    800株:12,000ポイント
    1,600株:24,000ポイント
    2,400株:30,000ポイント
    4,000株:36,000ポイント
    8,000株:72,000ポイント

16,000株:144,000ポイント

株主優待ポイントは最大3年間積み立てることができますが、株主名簿に継続して名前が記載されている必要があります。

100株から優待を受けることができ、2020年12月時点の株価が135円であるため10万円以内の資金で投資をはじめることができます。

株主優待ポイントが使えるグループ商品には、RIZAPが展開するトレーニングから健康食品、美容化粧品など様々なものと交換することができるので、RIZAP利用者はもちろん利用外の人でもお得に優待を受取ることができます。

9位:モーニングスター(4765)

投資信託の格付け評価などを行うモーニングスターでは、株主優待として仮想通貨リップル(XRP)と株式新聞ウェブ版無料購読クーポンを受取ることができます。

株主優待

  • 権利確定月:3月末日・9月末日(年2回)
  • 100株以上:50XRP+6ヵ月無料クーポン(26,400円相当)

500株以上:50XRP+12ヵ月無料クーポン(52,800円相当)

仮想通貨リップルを受取ることができる特殊な株主優待ですが、リップルの価格上昇次第ではかなりの利益を見込める可能性があります。

それだけではなく、モーニングスターが発刊している株式新聞も無料で読めるようになるので、株式市場の情報を効率よく入手したい方にはおすすめです。

100株から株主優待を受けることができ、2020年12月時点の株価が458円であるため10万円以内で投資をはじめることができます。

8位:大和証券グループ本社(8601)

傘下に大和証券を持つ大和証券グループ本社では、保有株式数に応じて名産品や雑貨などが掲載されている株主優待品カタログ、会社四季報や寄付などを受取ることができます。

株主優待

  • 権利確定月:3月末日・9月末日(年2回)
  • ①名産品や雑貨、②会社四季報、③寄付
    1,000株以上:①~③の中からかWeb申込み限定品からいずれか1点(2,000円相当)

3,000株以上:①~③の中からかWeb申込み限定品からいずれか2点(2,000円相当)

5,000株以上:①~③の中からいずれか1点(5,000円相当)

10,000株以上:①~③の中からいずれか2点(5,000円相当)かWeb申込み限定品(10,000円相当)1点

  • 高齢者向け住居の入居時費用割引やホテル・施設優待ご利用券

大和証券グループ本社の株主優待は1,000株以上と多めの株式を保有しなければなりませんが、用意されている優待はカタログや寄付など豊富に準備されています。

他にも1,000株以上保有の株主に対しては、指定ホテルやゴルフ場などの施設において割引を受けることもできます。

株主優待を受けるための最低投資資金は少し高めになってしまいますが、豊富な株主優待を年2回受けることができます。

7位:吉野家ホールディングス(9861)

牛丼で同じみの吉野家ホールディングスでは、グループ傘下にある飲食店において利用ができるサービス券を受け取ることができます。

株主優待

  • 権利確定月:2月末日・8月末日(年2回)
  • 100株以上:サービス券300円×10枚

1,000株以上:サービス券300円×20枚

2,000株以上:サービス券300円×40枚

サービス券が利用できる店舗は吉野家・はなまるうどん・京樽となります。

100株から株主優待を受けることができ、100株保有の場合は年2回の優待で6,000円分のサービス券を受け取れるため、利用可能店舗を頻繁に利用する人であればかなりお得です。

6位:サッポロホールディングス(2501)

サッポロホールディングスでは、サッポロビールをはじめとする自社商品やサッポログログループネットショップで利用できるクーポンを受取ることができます。

株主優待

  • 権利確定月:12月末日(年1回)
  • ①ビール詰め合わせ、②食品飲料詰め合わせ、③サッポログループネットショップクーポン、④社会貢献活動への寄付

100株以上3年未満:①4本、②1,000円相当、④1,000円 いずれか1点

100株以上3年以上:①6本、②1,500円相当、③1,500円、④1,500円 いずれか1点

200株以上3年未満:①8本、②2,000円相当、④2,000円 いずれか1点

200株以上3年以上:①12本、②3,000円相当、③3,000円、④2,000円 いずれか1点

1,000株以上3年未満:①12本、②3,000円相当、④3,000円 いずれか1点

1,000株以上3年以上:①18本、②4,500円相当、③4,500円、④3,000円 いずれか1点

  • 200株以上の保有でサッポロライオンチェーン等の飲食20%割引券5枚

サッポロホールディングスの株主優待は、株式保有期間が3年未満と3年以上で相当金額や選べる優待が変わってきます。

5位:日本製粉(2001)

小麦粉のハートやパスタのオーマイでお馴染みの日本製粉では、株主優待として自社商品の詰め合わせを受取ることができます。

株主優待

  • 権利確定月:3月末日・9月末日(年2回)
  • 3月期500株以上:3,000円相当の自社商品詰め合わせ

9月期500株以上で1年超継続保有:1,500円相当の自社商品詰め合わせ

(1年超継続保有は、株主名簿に同一株主番号で連続3回以上記載)

  • 株主優待サービスとして100株以上保有でジュンコ・フローラ・スクールの1日体験レッスンの無料受講および入会時の入会金無料

日本製粉の株主優待3月期は500株以上の保有で対象となりますが、9月期は1年超継続保有が条件となります。

長期的な目線で投資をしていくのであれば、日本製粉の株主優待はお得となるでしょう。

4位:すかいらーくホールディングス(3197)

ガストやバーミヤンなどのファミリーレストランを展開するすかいらーくホールディングスでは、関連店舗で利用できるご優待カードを受け取ることができます。

株主優待

  • 権利確定月:6月末日・12月末日(年2回)
  • 100株以上:2,000円分

300株以上:5,000円分

500株以上:8,000円分

1,000株以上:17,000円分

ご優待カードはすかいらーくレストランツ(ガスト、バーミヤン、しゃぶ葉など)・ニラックス・トマトアンドアソシエイツで利用可能です。

100株からでも株主優待を受けることができ、利用可能店舗は全国展開をしているため使いやすい株主優待となっています。

<h2>3位株式会社エディオン(2730)</h2>

家電量販チェーン売上3位のエディオンでは、エディオングループで利用できるギフトカードを受け取ることができます。

株主優待

  • 権利確定月:3月末日(年1回)
  • 100株:ギフトカード3,000円分 1年以上保有で1,000円分加算

500株以上:ギフトカード10,000円分 1年以上保有で1,000円分加算

1,000株以上:ギフトカード15,000円分 1年以上保有で2,000円分加算

2,000株以上:ギフトカード20,000円分 1年以上保有で2,000円分加算

5,000株以上:ギフトカード25,000円分 1年以上保有で2,000円分加算

10,000株以上:ギフトカード50,000円分 1年以上保有で2,000円分加算

ギフトカードはエディオン・100満ボルトおよびインターネットショッピングサイト「エディオンネットショップ」で利用することができます。

2020年12月現在エディオンの株価は999円であり10万円前後から株主優待を狙った投資をはじめることができます。

100株から3,000円分のギフトカードが貰えるお得な株主優待ですが、保有期間が1年以上であれば持ち株数に応じてさらに1,000円もしくは2,000円加算されます。

2位:オリックス(8591)

金融から野球まで様々な事業を展開しているオリックスでは、株主優待としてカタログギフトやオリックスグループが提供する各種サービスを割引価格で利用することができます。

株主優待

  • 権利確定月:3月末日・9月末日(年2回)
  • 100株以上3年以上継続保有:Aコースカタログ

100株以上3年未満保有:Bコースカタログ

  • オリックスグループが提供する各種サービスを割引価格で利用可能

オリックスの株主優待は、100株以上から受けることができ株式の保有年数でカタログのランクが変わってきます。

3年未満の場合通常のBコースカタログですが、3年以上の保有となるとワンランク上のAコースカタログとなります。

他にもオリックスグループが提供する、旅館やホテル、野球観戦などの各種サービスで割引を受けることができます。

1位:海帆(3133)

居酒屋をメインに展開する海帆では、株主優待として自社お食事券や全国共通おこめ券を受け取ることができます。

株主優待

  • 権利確定月:3月末日・9月末日(年2回)
  • 100株以上:お食事優待券2,000円並びに、お食事割引券20%10枚または全国共通おこめ券2㎏相当

200株以上:お食事優待券4,000円並びに、お食事割引券20%10枚または全国共通おこめ券4㎏相当

500株以上:お食事優待券10,000円並びに、お食事割引券20%10枚

  • 200株以上を1年以上保有でQUOカード500円分、2年以上でQUOカード1,000円分

海帆の株主優待はお食事券+割引券かおこめ券を選ぶことができるのでかなりお得な内容となっています。

1年以上の長期的な株式保有でQUOカードを受け取ることもできます。

2020年12月時点で株価は382円で200株の保有でも資金10万円以内に収めることができ、年2回の優待となるのでかなりお得な株主優待となります。

株主優待を貰うために抑えておきたいポイント

stock

2021年から株主優待を狙った投資をはじめようと考えている方は、株主優待を貰うために抑えておかなければならないポイントがあります。

株主優待は権利付き最終日と呼ばれる権利確定日2営業日前までに株式を保有していなければ、優待の対象となりません。

株主優待を受けるためには各企業の優待を受けるための保有株式数および権利付き最終日を調べておくようにしましょう。

それと権利付き最終日で保有した株式は権利確定日まで保有しておかなければなりません。

株主優待だけを狙う投資家もいるので、権利確定日以降すぐに株式を手放し、銘柄によって株価が下落する可能性もあります。

逆に権利付き最終日を狙って株を購入してくるので、権利確定日近くになると株価の上昇が起こりやすくなります。

そのため、なるべく株価が低い時に株を買いたい場合には権利確定日以降を狙い、権利付き最終日近くでは買わないようにしましょう。

まとめ

2021年におすすめの株主優待をランキング形式で紹介してきました。

株主優待を狙った株式投資でも、売買による差額で損失が発生してしまうと結果的にお得ではなくなってしまいます。

そのため、なるべく株価が高くなりやすい権利付き最終日付近での購入を避け、チャートを見ながら株価が比較的に安い時期に購入しましょう。

もちろん、長期投資を狙った株式の購入であれば株主優待との相性が良いので、ぜひ株主優待と組み合わせた投資も検討してみてください。

shareholder-benefits

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる