【資金開放可能性〇〇%】PGA(プランスゴールド)出金停止に関して

今仮想通貨業界を賑わせているPGA(プランスゴールド)が「出金停止」になった「飛んだ」「事務所がもぬけの殻」という情報で混乱しています。

本日は仮想通貨情報に詳しい僕が出金停止の現状や出金停止が解ける可能性や方法について話していきます。

本日のトピックス
  1. PGAは飛んだのか?
  2. 出金停止から解放される条件とは
  3. 資金が解放される可能性
  4. HYPEウォレットの実態とは
  5. 仮想通貨ウォレットによくある被害者の会というもの

この辺が一番気になると思いますのでまとめていきます。

じぃのアイコン画像じぃ

今日年ぐらいから流行っている仮想通貨のウォレット案件ですね!

ずぼら野郎のアイコン画像ずぼら野郎

久しぶりの大型案件だったね。かなり情報が強いところから話を聞いてきたので面白いと思います。

目次

PGA(プランスゴールド)とは

まずPGA(プランスゴールド)を知らない方に簡単に説明します。

PGA(プランスゴールド)とは仮想通貨の取引所間の価格差を利用したアービトラージシステムでサヤを抜いて利益を出す投資運用会社です。

PGA(プランスゴールド)の場合は三角アービトラージという仕組みを導入しているみたいでBTC(ビットコイン)だけでなく複数の仮想通貨の価格差を狙った取引を行っています。

PGA(プランスゴールド)は飛んだのか

現状飛んだと判断するのは微妙です。

というのもまだ決着がついていないからです。

イメージでは飛びそうという感じです。

出金停止は事実

飛んでいるかは微妙ですが出金停止していることは事実です。

出金が停止するとことによって投資されている方の不安は増大していると思います。

出金停止解除する方法とは

ここからはかなり仮想通貨情報に詳しい事情通から聞いてきた情報です。

出金停止を開放するには入金額を増やすしかない。

PGA(プランスゴールド)は出金停止前までは毎日3憶円以上の入金があったみたいです。

しかし、出金停止前後からはその入金額がガクッと落ちたそうです。

その結果出金停止という形で入金額が増えることを待っていると事情通から聞きました。

従って、PGA(プランスゴールド)の出金を再開するには入金額を増やすほかないのです。

出金停止が解除される可能性は〇〇%

ここからは完全に個人的主観です。

PGA(プランスゴールド)の出金停止が解除される可能性は5%ないと思っています。

この5%の内訳は下記です。

大型投資家の撤退

僕が知っている投資で一番強いところが既に撤退しています。

ここは投資で巨万の富を築いているところであり、SNS発信などしているインフルエンサーではありません。

大資本を投入し2カ月前に利確したと聞きました。

HYPEの歴史から

仮想通貨のHYPE案件は出金停止になってから再開された過去がほとんどないです。

「飛ぶ前提で始めるところ」「実際に運用していて上手く行かなかったところ」など事情は様々ですが投資は一度傾くと立て直すことが困難です。

微かな希望

上記のネガティブなところは多いですが、少しだけポジティブなところもあります。

それは大型マーケッターが参入しておりライバルも少ないところです。

仮想通貨HYPE案件に流れる資金の上限は決まっています。これはマーケットキャップ(市場規模)の観点からです。

そして少し前の仮想通貨HYPE全盛期の時みたいな案件数に比べ今はPGA(プランスゴールド)一強になっております。

その分他の案件に資金が分散される可能性が低く、大型マーケッターが参入しているPGA(プランスゴールド)に資金が流れる可能性があるとみています。

この点を加味して5%と判断しました。本当にPGA(プランスゴールド)に参入しているマーケッターは強いです。

仮想通貨HYPEウォレットの実態と付き合い方

基本的に仮想通貨のHYPE案件、特にアービトラージは資金を運用している可能性は低いです。

JA(ジュビリーエース)、ジェンコなども同じですが基本的に運用はしていません。

投資家の投資資金から配当を出しているポンジスキーム(自転車操業)が99%です。

ここを批判する人が多いですがこの点の批判は建設的ではありません。批判をしている方の多くは仮想通貨のHYPE案件で資金を失っている人です。

個人的にはこの仕組みが嫌であればやらなければいいのと思います。

反対に「この仕組みを知って始めた」「この仕組みを知らずに始めた」方は批判する余地がないです。

投資の世界で知らないというだけで済まされることはありません。

投資された方は、下記のどちらかです。

  1. 利益を求めて投資した方
  2. 利益を求めて紹介者を出した方

投資したからにはリターンの可能性もありますが損失を出す可能性ももちろんあります。

自分が知らなかったり、利益のために行ったことで失敗して他人を責めることは投資家としておかしいと思います。

僕もウォレット案件は好きで投資をしています。PGA(プランスゴールド)も事情通が参加していたので僕も参加しました。結果は2カ月前の同じタイミングで撤退したので利益になっていますが、もし損失になっていても乗っかのは自分の判断なので誰も攻めることは出来ません。

ウォレットが飛ぶときに発足される被害者の会の実態

仮想通貨ウォレットが終わりを迎える時によく被害者の会が発足されます。

これは全ての案件であると思います。

しかし、どれ1つとして機能したことはありません。

むしろその中で詐欺が横行します。

救済案件や回収案件などが出てきてはお金を搾り取って終わります。

最後に

自分のミスを人のせいにしていては投資家失格です。

案件が上手く行っても、失敗しても投資する人が判断したことです。紹介者の責任ではありません。

更に、こと仮想通貨案件においては情報の質とスピード両方が必要です。

上手く行けば大きな利益になりますが、失敗すれば資金を全て失う可能性もあることを理解した上で投資するかしないか判断していきましょう!

不労所得だけで生活する男のブログはこちらから

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる