【図解付き】バイナンスのDEX取引所Binance Liquid Swapとは?

liquid-sap

仮想通貨が盛り上がりを見せる中、追い風として新たに出現したのが分散型金融のDeFiです。

DeFiの中でも分散型取引所として賑わいを見せているのがDEXであり、手数料の安さやセキュリティの高さから利用者が続出しました。

そんな中、大手仮想通貨取引所であるバイナンスが独自のDEXであるバイナンスリキッドスワップ(Binance Liquid Swap)をスタートさせたのです。

しかし、日本国内ではDeFiやDEXにあまりなじみが無く、どんなサービスなのか知らないという人も多くいるのではないでしょうか。

そこで今回はバイナンスが新たにスタートさせたDEXのバイナンスリキッドスワップについて紹介をします。

簡単な使い方についても紹介をしているので気になる方は参考にしてみてください。

目次

Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)

まず仮想通貨取引所について紹介しておくと、中央集権型と分散型(非中央集権型)の2種類が存在しています。

中央集権型は現在主流の取引所であり、中央管理者がいる取引所でBinanceやGMOコインなどが該当します。

分散型は新しい取引所であり、中央管理者が不在で利用者同士が仮想通貨の取引を行える取引所となり、Uniswapなどが代表的です。

今回紹介をするバイナンスリキッドスワップはバイナンスが展開する分散型取引所(DEX)となるのです。

そのためサービス自体はバイナンス内にありながらも、バイナンスが直接管理しているわけでは無く、独自のアルゴリズムなどで運用されています。

それでは実際に、バイナンスリキッドスワップでどのような取引が行なえるのか紹介していきましょう。

スワップによるトレードとプールに預けて報酬を得ることも

バイナンスリキッドスワップでは大きく分けて2つの取引を行うことができます。

まずはスワップと呼ばれる仮想通貨の売買があります。

こちらはバイナンスリキッドスワップ内で対応している仮想通貨を売買することができ、通常の仮想通貨の売買と考えてもらって問題ありません。

ただ、実際に誰かと直接取引を行われているわけではなく、リキッドスワップ内にプールされている仮想通貨から取引が行なわれているのです。

もう1つの取引は流動性(Liquidity)と呼ばれている仮想通貨を預けることで利息を得る取引となります。

例えば、BTC/ETHのプールを選択するとBTCをリキッドスワップに預けることができ、預けたBTCの量に応じて年利回りから計算された1週間の金利が利益として追加されていくのです。

そのため流動性の取引では仮想通貨を預けることで金利報酬による不労所得を得ることができます。

ちなみに流動性で預けた仮想通貨については先ほど紹介したスワップで使われる仮想通貨となります。

流動性で預けた仮想通貨がプールされていき、リキッドプールのアルゴリズムとプール内の仮想通貨残高によって価格が決められスワップで取引が実行されていくのです。

Binance Liquid Swap(バイナンスリキッドスワップ)の使い方を紹介

それではバイナンスリキッドスワップの使い方を図解説していきます。

まずはバイナンスにログインをしましょう。

トップページ上部メニューにある「ファイナンス」を選択します。

ファイナンス内に「リキッドスワップ」があるので選択しましょう。

バイナンスリキッドスワップのページが下記となります。

次にスワップによるトレードと流動性によるプールのやり方をそれぞれ紹介していきます。

スワップによるトレード

バイナンスリキッドスワップのスワップによるトレード方法を紹介します。

このページにある「スワップ」を選択します。

中央のスワップ画面でトレードを行うことができ、売却で自分が保有している仮想通貨を選択し、購入でトレードを行い欲しい仮想通貨を選択しましょう。

売却と購入でそれぞれ仮想通貨名が表示してある部分を選択すると、バイナンスリキッドスワップでトレードができる仮想通貨の一覧が表示されます。

では実際にリキッドスワップを使ってBTC(ビットコイン)を売ってETH(イーサリアム)を購入する場合には、下記の通りに選択をします。

金額の入力は購入予定の仮想通貨で欲しい金額分を入力すれば、売却分で自動的に反映されます。

後は「スワップ」を選択すればトレードを行うことができます。

通常のバイナンスでのトレードに比べると選べる仮想通貨の種類は少ないですが、手数料が少なく瞬時にトレードが行われるので、早く仮想通貨を手に入れたい場合にはおすすめです。

流動性(Liquidity)によるプール

バイナンスリキッドスワップの流動性によるプールの方法を紹介していきます。

このページにある「流動性」を選択します。

プールを選択でプールしたい仮想通貨ペアを選択してください。

仮想通貨のペアで選択をするのは片方の仮想通貨もしくは両方の仮想通貨でプールを行えるためです。

下記画面黄色枠部分、BTC+ETH追加、BTC追加、ETH追加とあります。

BTC+ETH追加を選べばそれぞれの仮想通貨でプールを行うことができ、片方ずつの仮想通貨を選ぶと片方だけでプールを行うことができます。

基本的には2種類の仮想通貨でプールを行った方が手数料が0となるためおすすめです。

プールを行う仮想通貨を選択したら、後はプール金額を入力して「追加」を選択することでプールを行えます。

そして追加でプールした仮想通貨は「削除」でプールから回収することができます。

シェア額に回収したい金額を入力し「削除」を選択することで回収が可能となります。

スワップと流動性それぞれ、簡単に行うことができるのでこの記事を参考にしながら試してみてください。

Binance Liquid Swap を使うことにはどんなメリットがある?

分散型取引所であるバイナンスリキッドスワップ、通常のバイナンスの取引所があるのに利用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからはリキッドスワップを利用するメリットおよびデメリットを紹介していきます。

リキッドスワップを使うメリットは下記があります。

・大量の仮想通貨でも時間を掛けずにトレードできる

・通常のトレード以外にプールからの利益を得られる

・手数料が低い

通常の仮想通貨取引所の場合、仮想通貨を買おうと思った際には同数量以上の売り手が存在していなければなりません。

しかしリキッドスワップであれば、プールとトレードを行うことができるためすでに売り手は存在している状態であり、どれだけ大量のトレードであったとしても瞬時に成立します。

通常のトレード以外にプールからの利息で利益を得ることができるのもメリットです。

仮想通貨のトレードを行う際には短期および長期トレードだとしても、チャートは毎日確認しておかなければなりません。

プールでの投資であれば常にチャートを確認する必要が無く、余剰資金で行う投資として向いているという面があります。

そして、バイナンス版のDEXであるリキッドスワップにはガス代と呼ばれる手数料が必要なく、一律0.04%の手数料で投資が行なえるのです。

DeFiのDEXをはじめとするサービスでは、基本的にETH(イーサリアム)の取引手数料であるガス代がかかりますが、リキッドスワップではそれが掛からないのです。

そのためリキッドスワップは他のDEXと比べても手数料が安く抑えられます。

対応している仮想通貨が少ないなどのデメリットもある

バイナンスリキッドスワップにもいくつかのデメリットがあります。

まず、対応している仮想通貨が少なく、スワップだけを見ても10種類程度しかトレードを行うことができません。

通常のバイナンスでのトレードはもちろんDEXとして人気のあるUniswapよりもその数は少なく、限られたトレードしか行うことができません。

それと利息による報酬が得られる流動性のプールですが、impermanent loss(インパーマネントロス)と呼ばれる損失が存在します。

流動性のプールでは、仮想通貨のペアを選択して両方の仮想通貨でプールを行います。

ここで通貨ペアの内片方の仮想通貨の価格が大きく変動してしまうと、プール内の仮想通貨の割合が変動してしまい、当初預けていた金額よりも少ない金額となってしまうのです。

例えば、BTC/ETHで1:1の割合でプールを行った場合、ETHの価格が1.3倍に上昇してしまうと0.6%近くの損失が発生してしまうのです。

ちなみに価格変動に対する割合は2倍で5.7%、3倍で13.4%、5倍で25.5%と大きくなっていき、損失の原因である価格変動は減少だけではなく上昇のどちらでも発生してしまいます。

そのため利息による報酬を得られる流動性のプールですが、決して損をするわけでは無いので注意が必要です。

Binance Liquid Swap 以外にBinance POOLのデュアル投資(デュアルセービング)もある

ここまでバイナンスリキッドスワップについて紹介をしてきましたが、バイナンスでは他にもバイナンスプールと呼ばれるサービスも展開しています。

バイナンスプールでは、複数の個人が集まってそれぞれのパソコンの力を集約してマイニングを行うサービスであり、現在業者や大手が占めているマイニングで個人が利益を得るための方法の1つです。

そのバイナンスプール内にデュアル投資(デュアルセービング)と呼ばれるサービスがあり、こちらはセービングによる利息報酬を受け取ることができます。

ちなみにセービングとは仮想通貨をバイナンスに預ける代わりに、年率の利息報酬を受け取れるサービスです。

デュアル投資は通常のセービングとは違い、2種類の仮想通貨による利回りで稼ぐことができるのです。

現在はBTC、USDT、BUSDが投資の対象となっており、報酬はBTCまたはステーブルコインで支払われます。

このようにバイナンスでは通常のトレード及びDEX以外に様々なサービスを展開しているので、ぜひ他のサービスも活用して稼いでいきましょう。

(デュアル投資については2021年2月現在、すべての商品において受付上限に達しています。)

まとめ

以上がバイナンスのDEXであるバイナンスリキッドスワップの紹介となります。

リキッドスワップではスワップにより仮想通貨のトレードを行うことができ、プールで仮想通貨を預けて金利を受け取ることができます。

特にスワップでは通常のトレードとは違い、即時大量の仮想通貨をトレードすることができることがDeFiならではの特徴とも言えます。

手数料の安さがリキッドスワップのメリットでもありますが、まだDeFi自体の歴史が浅く利用者もそこまで多くないことから、すぐに投資を行うのではなくしっかりと下調べをして様子を見ながら行うことをおすすめします。

リキッドスワップのプールに関してもバイナンスプールがバイナンス内にはすでに存在しているため、そちらの利用を検討しても良いでしょう。

ただ、将来的にDeFiは可能性がある仕組みなので試しに使ってみたり様子を見続けていくのが良いかと思います。

liquid-sap

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる